お知らせ|NEWS

昔ながらの、木の家の手入れ方法について

春の季節にとれるタケノコは、米ぬかと唐辛子とともに

ゆでてあく抜きをします。ふと思い出したのは、

米ぬかで住まいの木でできた部分を拭くという生活の知恵です。

 

調べていたら、水拭きなどできれいにしたあとの、

米油によるワックスがけの効果があることがわかりました。

 

それから、豆乳、おから、酢なども、床や建具などの住まいの手入れに

使用していたみたいです。

 

食品の中に含まれている成分をうまく利用した、人体にも環境にも優しい

ナチュラルお掃除といえるでしょう。

 

以下は、昭和の初め頃、第二次世界大戦前の暮らしの回想です。

 

「バケツに豆乳を入れて、それで雑巾をよく絞り、白木の部分をふいてゆき、

最後に汚れてきた豆乳で縁側をふきました。おからの場合は、木綿の袋に入れて、

バケツの中でよくもみ出して、その汁で雑巾を絞りました。

 水できれいにふき掃除したあとで、布に包んで丸くしたおからで、全体をこする

やり方もありました。掃除に使ったあとの豆乳やおからは、庭の植木の肥やしにいたしました。

 これとは別に、ぬかを布に包みまして、床の間や床柱をときどき軽くふきました。

これは、今でいうとワックスがけでございます。

 畳と白木の建具は、半年に一回ぐらいお酢でふきました。こうするとさえざえとするので

ございますが、これもやりすぎますと、かえって赤茶けてまいりますので、

あまりいたしませんでした。」

 

『おばあさんの知恵袋』桑井いね 昭和51年(1976)文化出版局 

「日常の掃除」の章から引用 180頁〜181頁

 

豆乳やおからは、10日ごとにお豆腐屋さんが届けてくれたそうです。

普段は水拭き、豆乳、おからはスペシャルケア、ぬか袋はつや出しですね(≧▽≦)

コメント
株式会社山下建具店 〒710-0142 岡山県倉敷市林130番地
086-485-0172
Copyright (C) Kabusikigaisha YamashitaTateguten. All Rights Reserved.