お知らせ|NEWS

住居空間についての物語

春の低気圧の通過とともに、

とても強い風が吹き荒れました。

 

三月の初めの日。

季節は少しずつ移行しています。

 

今日は本のご紹介です。

 

 

『間取りと妄想』

大竹昭子 亜紀書房 2017年

 

空想と妄想との違いはどこにあるのでしょう?

 

懐かしい湿式コピーの青い色合いを思い出させる装丁、

ひとつの間取り図につきひとつの物語が付随している短編集です。

 

人人の感情の動きと家屋の間取りや空間の関係性のいくつかのヴァリエーションが

描写されています。

 

例えばテニスのラケットは人の腕の機能の延長であるように、

建物の空間は中に住む人の心の膨らみであるのかもしれません。

 

それだけにとどまらず、間取りというものは、

その家に住む人人の日々の行動を方向づける可能性をも含むものである、

という感想を私たちにもたらす物語集です。

 

コメント
株式会社山下建具店 〒710-0142 岡山県倉敷市林130番地
086-485-0172
Copyright (C) Kabusikigaisha YamashitaTateguten. All Rights Reserved.