お知らせ|NEWS

木の生命力、未来の森

新年明けましておめでとうございます。

旧年中はいろいろとお世話になりありがとうございました。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

 

冬らしく、午後からは少し陽差しも少なくなり、

冷えてくるような日が続きます。

 

今日は本のご紹介です。

 

 

『木のみかた 街を歩こう、森へ行こう』

 コーヒーと一冊 10

 三浦豊 ミシマ社 2017年

 

木というか、植物の生命力を感じられる書物。

 

著者の方は、森の案内人という肩書きがついています。 

庭師さんだそうです。なるほどと思います。

 

森や山のみならず、街なかに生えてきた植物なども

取り上げられています。

 

現在の日本では、木を伐る人がいなくなり、

かつてないほど木が生い茂っている状態なのだそうです。

これが、温暖化や少子化とともに進行してゆくと、

いったいどのようになってゆくのでしょうか?

 

ピックアップされている木(植物)は、

桐、赤芽柏(アカメガシワ)、葛、楠(クスノキ)、

神樹、桜、山桑、棕櫚、臭木(クサギ)、

山漆、山櫨(ヤマハゼ)、白膠木(ヌルデ)、

椋の木、イチョウ、欅、松、榎。

 

それぞれの木にまつわるコンパクトにまとめられた解説からは、

著者の、植物に寄り添うような姿勢がにじみだしています。

 

森の語源は「盛り」、林の語源は「生やす」だそうです。

どちらにしても豊穣な緑のイメージが思い浮かびます。

 

ほんとうに太古の昔から、

この日本列島の豊かな植生と、樹木たちの生命力に包まれて、

人間やその他の動物たちのいのちもまた、

脈々とつながれてきたのだなあと感じ入る一冊です。

 

人と木の新しい関係も芽生えてゆくとなおよいですね。

 

 

 

 

 

 

 

コメント
株式会社山下建具店 〒710-0142 岡山県倉敷市林130番地
086-485-0172
Copyright (C) Kabusikigaisha YamashitaTateguten. All Rights Reserved.