お知らせ|NEWS

建築と木工

今日は三月三日、桃の節句ですね。

 

いつもより早い春の訪れですが、

感染症と、その様々な影響が心配な春です。

 

今日は本のご紹介です。

 

 

『ノースライト』

横山秀夫 新潮社 2019年

 

一軒の住居建築と、ブルーノ・タウトのデザインと思われる木製の椅子を

モチーフにしたミステリー小説です。

 

タイトルのノースライトは、北向きの窓からの採光のこと。

季節に関係なく安定した光が入ることで、例えば芸術家のアトリエとか、

工場ののこぎり屋根における採光で使われることがあります。

 

バブル期にフル操業していた建築士の主人公の回想部分。

「鉄とガラスとコンクリートがすべてだった。・・・

美しいものしか生き残れない。そのわかりやすく、

空恐ろしい世界で何者かになろうとしていた。」

 

主人公の父親が、戦後の高度経済成長期にダム建設の現場で働く型枠職人だったことや、

公共建築のコンペティションに関わるお話で建築士の友人やライバルとの

心の綾が描かれたり、登場人物の一人の輸入家具商の盛衰など、

戦後の日本の建築やインテリアの世界の様々なエピソードが織り交ぜられてゆきます。

 

戦争のない平和な世の中であるとはいえ、

時代の大きな流れの中で戦いながら生きていかざるを得ない、

現代のこの国の人々のひりひりした痛みを伴う様々な人間模様。

 

そこに、思想的な理由で1930年代に日本に渡航し、

本業たる建築の仕事は殆どできない境遇で、

仙台や高崎の地で木工芸のデザインに携わっていた

ドイツの建築家・ブルーノ・タウトのロマンや史実が

重ねられることで、物語には不思議な奥行きが加わってきます。

 

地上すべてのものにあまねく行き渡る太陽の光が、

北の方角から照射して私たちに見せてくれるものとは、

いったい何なのでしょうか?

 

 

コメント
株式会社山下建具店 〒710-0142 岡山県倉敷市林130番地
086-485-0172
Copyright (C) Kabusikigaisha YamashitaTateguten. All Rights Reserved.