お知らせ|NEWS

絵本・スゥェーデンの大工道具箱

今日は絵本のご紹介です。

 

 

『カストールの たのしい まいにち だいくしごとを しようっと!』

ラーシュ・クリンティング作 とやま まり訳 偕成社 1999

 

ビーバーのカストールくんがだいくしごと(木工)をするお話。

 

彼のおうちの木工室の木工台はおじいさんがつくったものだそうです。

まだ小さい彼がそこで仕事をするための緑色の踏み台は自作です。

 

図面をさがすところからはじまって、様々な木工道具が登場!

スコヤ、折り尺、のこぎり、いとのこぎり、くりこぎり、手回しドリルetc.

(木づちの形が日本のものとは全く違うのが興味深いです。)

 

製作のプロセスが丁寧に描かれています。

何を作るのかと思えば、道具一式を収納できる大工道具箱でした!(^^)!

 

耳に鉛筆をはさむのは万国共通?

 

おそらく一日がかりで完成させて、夜の木工室でお茶とお菓子を楽しむ

カストールくんの表情はとっても満ちたりています。

 

物語の終わりには、彼が使用した図面もついていますよ。

 

 

 

 

コメント
株式会社山下建具店 〒710-0142 岡山県倉敷市林130番地
086-485-0172
Copyright (C) Kabusikigaisha YamashitaTateguten. All Rights Reserved.