お知らせ|NEWS

今日の工場風景〜木製の枠・網戸の製作

黒い網を張った網戸を製作しています。

(木製の枠は塗装前)

後ろの木枠は網戸ではなくて、ガラス戸になる予定。

 

木製枠の網戸 建具 オーダーメイド 株式会社山下建具店

 

戸車(こま)を取り付けるための下準備⤵

 

 

建具の製作、修理、取り付け、造作家具の製作と取り付け、

お住まいのリフォームなどを承っております。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

(ホームページのお問い合わせフォームもご利用ください。)

 

株式会社 山下建具店

岡山県倉敷市林130番地

086-485-0172

 

森林から材木へ、製品へ

今日は二十四節気の清明。

大気に光が満ち満ちてくる時候です。

 

今日は本のご紹介です。

 

 

『日本の林業2 木を使う 木に親しむ』

 白石則彦 監修

 NPO法人 MORIMORIネットワーク 編

 岩崎書店 2008年

 

植林されて長い年月にわたり育てられ、木材として利用できるだけに成長した樹木が、

どのように切り倒されて運ばれて、製材され、製品となるのかがよくわかる本です。

 

伐採、集材、搬出、造材、

原木市場、製材工場、材木商。

 

私たちの身近にある木製品ひとつ、お家の柱一本にも、

そのふるさとの山からたどってきたルートに思いを馳せてみることが出来るでしょう。

 

地域材で家を建てる木材の地産地消のことや、

古材のリサイクルのお話、輸入材のことなども簡潔に取り上げられています。

 

後半では、スギ、ヒノキ、マツ、ケヤキなど代表的な日本の木材の紹介や、

加工のしやすさ、熱をつたえにくい、湿度調整作用、殺菌作用、音響効果といった木の性質、

それらを利用した木製品の数々、木の加工法などなど。

 

最後は木へんのつく漢字もたくさん挙げられます。

杉、檜、桜、柳、楠、桐、枝、梢、根、板、棹、杖、棚、机、梯、棟、椀、etc...

木と私たち日本人の生活の本当に密接な関係性についてあらためて考えさせられます。

 

 

 

さくらさく

今日は三月最後の日。平成二十九年度も終わりです。

当店の近くではどこも桜が花盛り。

 

冬の気温が例年より低かったためか、

いつもならソメイヨシノより少し遅れて花をつけるヤマザクラも

同じ時期に開花しているように見えます。山々は優しい表情です。

 

この週末はお花見日和ですね(*^-^*)

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

建具の製作、修理、取り付け、造作家具の製作、取り付け、

お住まいのリフォームのご相談などを承っております。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

株式会社 山下建具店

岡山県倉敷市林130番地

086-485-0172

株式会社山下建具店 〒710-0142 岡山県倉敷市林130番地
086-485-0172
Copyright (C) Kabusikigaisha YamashitaTateguten. All Rights Reserved.