お知らせ|NEWS

エコリフォームのアイテムのひとつ・高断熱浴槽

11月にはいり、秋の終わり冬の初めの空気です。

温かい鍋物や、ぬくぬくの毛布が恋しくなる季節の到来(=^・・^=)

一日の終わりには「ニューヨーク」行きもいいですね。すなわちお風呂で入浴(笑)

たっぷりのお湯であったまって、一日よく働いたからだをいたわり、明日への活力を養いましょう!

 

冬のお風呂のお話を少し。。。。。。

 

***************************************

 

『高断熱浴槽』とは?

JISに規定されている浴槽の高断熱保温性能とは、湯温の低下が4時間で2.5℃以内という保温性です。

保温材を用いた浴槽と断熱機能を持つ風呂蓋を組み合わせることでお湯の温かさをキープするのです。

 

***************************************

 

もしもあなたがお風呂をリフォームなさるとすれば、

浴室の断熱も重要かもしれません。

洗い場床下に保温材、浴室の壁の後ろにも保温材、天井にも保温材を装備し、

断熱効果のある窓を取り付けることにより、

浴室全体の温度が保たれて冷えにくくなることでしょう。

 

***************************************

 

脱衣所にヒーターを備えておくのもおすすめです。

服を脱ぐとき、お風呂から上がったとき、脱衣スペースが暖かいと楽です。

(スイッチの切り忘れにはくれぐれもご注意を……)

いずれにせよ急激な温度差は体には良くありません。

 

冬のお風呂がよりあたたかく、より快適になれば嬉しいですね〜。

 

***************************************

 

参考文献「タカラホーロー住宅設備機器 総合カタログ 2016.6月号」

p.90 システムバス「ポカポカ」の記事

 

***************************************

 

『住宅ストック循環支援事業』補助金の対象となる

エコリフォームのご相談を承っております。

 

蟷害七具店

岡山県倉敷市林130番地

086-485-0172

製材されていない木を使った木工品

今日は本のご紹介です。

 

 

『自然木・流木の木工』

 誠文堂新光社 2006

 

木の持つ自然のかたち、海や川の水に長時間さらされた木の

味わいなどを生かした木工作品を紹介した書籍です。

 

自然木や流木を選ぶときのポイントや、作家紹介、作例紹介、ショップやアトリエ紹介。

そして一例として令法(リョウブ)の木の自然なかたちを活かして椅子をつくる方法など、

写真たっぷりに構成されています。

エコリフォームのための補助金について

 

このたび平成28年度の第2次補正予算で、

 

『住宅ストック循環支援事業』(事業予算額250億円)が実施されます。

 

これは、日本国内の既存の住宅の性能を高めるための制度です。

 

http://www.stock-jutaku.jp

 

より快適な暮らしをかなえるエコリフォーム(断熱ペアグラスの窓、内窓取り付け、

 

ドアや引き戸を断熱性のあるものに改修、節水型トイレ、高断熱の浴槽、節湯水栓などなど・・・)を

 

お考えの方にはチャンスです!!(補助金最大30万円)

 

以前実施された省エネ住宅ポイント制度とは異なる点もありますので、

 

詳しい内容については当店担当者がご説明いたします。

 

お気軽にお問合せ下さい。

 

 

蟷害七具店

岡山県倉敷市林130番地

086-485-0172

株式会社山下建具店 〒710-0142 岡山県倉敷市林130番地
086-485-0172
Copyright (C) Kabusikigaisha YamashitaTateguten. All Rights Reserved.