お知らせ|NEWS

日本人が椅子を制作するということ

今日は本のご紹介です。

 

『ゴッホの椅子〜人間国宝・黒田辰秋が愛した椅子

        その魅力や歴史、作り方に迫る』

 久津輪 雅 誠文堂新光社 2016年

 

 

ゴッホが南フランスのアルルで暮らしていた時の絵画作品の中に描かれている椅子、

 

それは、粗く削られた木材の木組みと、撚った草で編まれた座面で構成された素朴な椅子です。

 

ナマ木の状態で組まれて、使い込まれるにしたがって木が乾燥して強度と風合いが出てくるそうです。

 

その椅子が民藝運動とともに日本に入ってきた歴史や、その椅子に魅せられた日本人の工芸家たちのこと。

 

椅子の原点とも称えられたこの椅子を生産してきたスペイン・グアディスの町の現在の様子のレポート。

 

そしてナマ木での椅子作りを紹介する現代日本でのグリーンウッドワークの詳細など。

 

以上すべてが豊富な写真とともに解説されています。

 

また、「ゴッホの椅子」に出会える民藝館と資料館のリストも載っています。

 

日本の木を材料とするものづくりの一断面が生き生きと捉えられています。

 

また、タタミの上での暮らしから、テーブルと椅子のある洋風の生活へと変化してゆく

 

日本人の生活史、文明史に思いをはせてみることもできるでしょう。

 

 

 

リフォーム施工例・押入れの空間に収納棚・1

押入れの収納空間をリフォームしました。

 

押入れのリフォーム

 

一、引き戸をふすまから、アルミフレームの戸に取り替えました。

  異素材を組み合わせたデザイン性のあるモダンな既成品の引き戸です。

 

二、収納空間の上部には、軽いものや、少し大きなサイズのものを収められるように

  棚板を取り付けました。

 

三、押入れの奥行を活かして、手前には開口部の半分のサイズで、

  レール式の可動棚を造り付けにしてあります。

  戸の開け閉めに合わせた移動が可能で、使い勝手がよくなっています。

 

四、棚板の数も多めで、二つのサイズの棚の高さを組み合わせました。

 

古い家屋やお部屋のリフォームのご相談を承っております。

お客様のご希望やご予算をおうかがいした上で、

当店に蓄積された知識をフルに生かしたご提案をさせていただきたいと考えております。

 

蟷害七具店

岡山県倉敷市林130番地

086-485-0172  

障子の骨:その2

秋の光がクリアで、とても美しい昼さがりです。

 

空も青く晴れています。

 

古い障子の骨をラティスとして使用。

 

ブラックベリーのつるを絡ませています。

 

うまく冬を越して、来年には実をつけてくれると嬉しいです(^^)

 

障子の骨 ラティス障子の骨 ラティス

株式会社山下建具店 〒710-0142 岡山県倉敷市林130番地
086-485-0172
Copyright (C) Kabusikigaisha YamashitaTateguten. All Rights Reserved.